気になるスイーツ☆キニスイ

筆者が気になるスイーツ情報を載せいていきます。 気になるスイーツはありましたか?

ティーバッグを正しく使って美味しい紅茶を飲もう

大学時代、足繁く通ったカフェがありました。

二子玉川にあった「TEA HOUSE LITTLE LULU」
大阪の堂島にあった「ティーハウス・ムジカ」の紅茶を使ったお店でした。

友人たちと週3日位の頻度で通ううちに、マスターとも親しくなり、
時にはお店のお手伝いをさせてもらうほどでした。

そこで紅茶について様々な教えを受け、紅茶の奥深さを感じたものです。

ティーバッグの使い方

PC260010

さて、今回は当時学んだ正しいティーバッグの使い方をご紹介しておきましょう。

正しい使い方と言っても、実はティーバッグの裏側に書いてあるんですけど、
皆さん、きちんと見ているんでしょうかね?

私はここで教えてもらうまで、見たことありませんでしたよ(笑)

間違った使い方


まずは間違った使い方から。


カップにお湯を入れる

ティーバッグをお湯に入れて上下させる

いい感じの色が出たところで、取り出して飲む



ありがちだと思うんですけど、これ間違いです。

これだと、色の濃いお湯です。
まったく紅茶の美味しさを楽しむことは出来ません。

正しい使い方


正式な入れ方はこちらです。


カップにお湯を入れる

ティーバッグをお湯の中に入れる


蓋をして2~3分そのまま待つ


ティーバッグを取り出して飲む



はい、これが正式な飲み方です。


試しにこの方法で飲んでみて下さい。
タンニンがよく抽出された、紅茶が出来上がります。

渋めが好きな人は、取り出したティーバッグを絞るんだとか(笑)

紅茶を学ぶならこの本

PC260009

ということで、リトル・ルルのマスターから教えていただいた飲み方でした。

ここのマスターも、大学時代に先述した「ティーハウス・ムジカ」に通い、
店主の堀江さんと親しくしていたのだとか。

その堀江さんが書かれている本があるので、紹介しておきますね。
紅茶の本当の美味しさを学ぶのに最適な本だと思います。